更年期冷え性

更年期の冷え性はどうして起きる?

 

更年期になるといろんな症状が出てきますが、その中でも多いのが冷え性の悩みです。

 

もともと女性には冷え性の方が多いですが、更年期になると更に冷え性がひどくなってきたという方も多いようです。

 

 

更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、自律神経のバランスが崩れてしまい様々な症状が現れます。

 

ほてり、のぼせ、めまい、動機、冷え、頭痛、肩こり、腰痛、耳鳴り、息切れ、腹痛、頻尿、倦怠感、目のかすみなど様々な症状があります。

 

 

自律神経のバランスが崩れると体温調整が上手くできなくなり、冷えを感じますが、逆に暑くて汗をかく、のぼせやほてりという、よく更年期障害でいわれるホットフラッシュという症状も冷えが関係しています。

 

大量の汗をかいてほてりを感じるホットフラッシュは、上半身は暑くなっていても、体の芯は冷えていて起きるといわれています。ホットフラッシュを改善するためにも、冷えを改善することが大事になってきます。(風邪をひいたときに熱があって暑いけど寒気がするというのに似ていますね)

 

更年期の冷え性で悩んでいます

 

更年期の冷え性で悩んでいる女性のこんな書き込みも知恵袋などにはあるようです。

 

  • 51歳で更年期症状で冷えが強いのですが、昨夜から、ものすごく寒くて、寒くて何度となく目がさめました。心療内科にも通っていて、体温調節できないことを話して、スルピリド、リボトリールというのが混ざった粉薬、頓服でワイパックス飲んでます。自律神経に効くと言われましたが、服用して20日になりますが、一向に体温調節できないのが良くなりません。
  •  

  • 48歳女性です。私は子供の頃からの重度の内臓型冷え性です。ですが今年は今の所全く寒さが辛くなく、むしろ体全体がホカホカしているように感じます。汗も全くかけない体質だったのにここ数日は頭皮に少し汗をかきます。最近生理も不規則なのでもしかしたら更年期障害というものでは?と思っています。
  •  

  • 更年期のお薬で市販されているのは何を皆さん飲まれてますか?40歳後半の女性の人に質問させてください。命の母を飲んでたんですが足の冷えとかは治らないんで変えようと思っていまして。

 

更年期の症状はいろいろとありますが、その中でも冷え性は深刻な悩みですし、同時に暑くなって汗をかくというホットフラッシュの症状も出やすいので、早く何とか解決したいですよね。

 

 

そんな更年期の冷え性を解消してくれる方法についてまとめてみました。

 

更年期の冷え性対策

 

更年期に限らず、冷え性は自律神経のバランスが崩れ血行が悪くなることが原因なので、体を温め血行を良くすることを心がけるようにしましょう。

 

適度な運動

 

適度な運動は、体を動かすことで血行が促進され全身の血の巡りが良くなります。運動をすることで筋肉の動きも活発になり代謝の改善もできます。筋肉が衰えてしまうと、血液を体に送り出す働きが低下して、それによって血行不良になるという悪循環になってしまうので、適度な運動で筋肉が衰えないようにすることも大事です。

 

食事

 

冷たい食べ物や飲み物は避けるようにしましょう。また体を冷やしやすい果物や生野菜は程度な量ににして、体を温める食品を摂るように心がけましょう。体を温める食品には、にんじんやごぼう、さつまいもなどの根菜類や、春菊、長芋、白菜、みそ・しょうゆ、赤身の肉や魚などがあります。

 

入浴

 

体全体を温めるためにもシャワーだけでなく、湯船につかり体の芯から温めるようにしましょう。半身浴で汗をかくくらいまで体を温めるのに、できれば15分以上は湯船につかるようにしましょう。血行を促すような入浴剤などを利用すると更に良いかもしれませんね。

 

更年期の冷え性にはサプリがおすすめ

 

適度な運動と食事、入浴なども心がけているけれど、それでも冷えが改善しない方には、サプリで対策をする方法もあります。

 

 

更年期の冷え性で悩まれている方は、既に運動や食事にも気をつけていて、日常的にやれることだけではなかなか改善しない方が大半のようです。サプリなら毎日飲むだけで更年期の冷え性対策ができます。

 

 

更年期の冷え性解消になるサプリでは、冷え性に効果が高いといわれている生姜サプリがおすすめです。

 

生姜はスーパーでも売っていますが、生の生姜に比べて金時生姜は冷え性の改善効果が高く、毎日サプリを飲むだけなので、手間もかからず簡単に冷え性対策ができます。

 

 

更年期障害を総合的に対策してくれる更年期サプリもありますが、特に冷えの悩みが深刻であれば、より冷え性に効果の期待できるサプリの方がおすすめです。冷えの他にも更年期障害の症状があるのなら、女性ホルモンの減少を補ってくれる更年期サプリと、冷え性解消のための生姜サプリを合わせて飲んでみるのもいいかもしれませんね。

 

 

冷え解消におすすめの生姜サプリ

 

なごみ美人

 

冷え性改善+肩こり

 

『なごみ美人』は、生姜の他に肩こりや血行を良くする成分を配合した、冷え性と肩こり改善効果のある生姜サプリです。テアニンやクレアチンといった凝りをほぐしリラックスさせる成分とマカや高麗人参などのズッシリとした疲労感の解消もできます。冷え性で肩こりの悩みのある方にはおすすめのサプリです。

 

3,980円/15日分(定期購入)
1,980円/15日分(初回お試し)
1日当たり265円

 

送料無料
45日間全額返金保証付き


 

 

美めぐり習慣

 

冷え性改善+貧血

 

『美めぐり習慣』は、生姜の他に鉄分を配合した、冷え性と貧血に効果のある生姜サプリです。1日に必要な鉄分10mgが摂れるだけでなく、葉酸・ビタミンB12・ビタミンB6・ビタミンCの1日分が摂取できるので、クラクラ、めまい、疲れやすいといった悩みのある方にはおすすめのサプリです。

 

3,980円/1ヶ月分(通常購入)
2,980円/1ヶ月分(定期購入)
1,480円/1ヶ月分(初回お試し)
1日当たり96円

 

送料無料
15日間全額返金保証付き


 

 

金時しょうが粒

 

冷え性改善+美容

 

『金時しょうが粒』は、金時生姜の他に美容成分のヒアルロン酸も配合した、女性向けの生姜サプリメントです。ヒアルロン酸の他にも、ポリフェノールの一種のヘスペリジンも配合しているので、冷え性改善以外の美容と健康面全般を考えたい方にはおすすめのサプリです。

 

1,728円/15日分(通常購入)
1,555円/15日分(定期購入)
1日当たり103円

 

送料無料


 

生姜湯も冷え性には効果がありますよ

 

生姜を摂る方法には、飲み物に入れて生姜を摂る生姜湯という方法もあります。生姜湯はお湯にすりおろした生姜を入れて飲む方法ですが、飲みやすく紅茶やココアと混ぜて飲むこともできます。

 

生姜にはダイエット効果もあるので、ダイエット目的で生姜湯を飲んでいる方も多いようです。

 

わざわざ生姜湯に入れる生姜を用意するのが面倒な方には、生姜湯パックを使うという便利で簡単な方法もありますよ。

 

 

温効生姜

 

 

温効生姜は市販で売られている生姜湯に比べて、カロリーが低めなのでダイエットにはおすすめの生姜湯パックです。1回あたり70円程度で14パック入っているので、生姜を買ってきてわざわざ生姜湯を作るより、はるかにお得で簡単です。

 

しかも、乾燥生姜を使用しているので冷え性+ダイエット効果も期待できます。パックなのでいつでもすぐに生姜湯を作ることができます。

 

1,080円(初回購入)
1,663円(定期購入)
送料無料

 

14包入り


 

生姜について

 

生姜は昔から食用だけでなく、その効能からインドや中国では医薬品としても使われていました。日本でも奈良時代には栽培が始まり、いまでは料理に使われるだけではなく、健康的な生活を維持するために生薬としても使われています。

 

 

食材としての生姜

 

生姜を使った料理はもちろんですが、生姜は香辛料としても重宝されていて、生姜のすりおろしなど冷奴などの薬味としてもおなじみの食材です。また煮魚や炒め物での匂い消しとしても料理に使われることもあり、いろんなところで使われています。身近なところでは、牛丼屋さんにおいてある紅しょうがなどでも使われている、料理には欠かせない食材です。

 

生薬としての生姜

 

生姜は発散作用だけでなく、胃のむかつきや吐き気にも効果があることから、薬用としても使われてきました。特に発汗作用があることから、風邪の初期症状にはよいとされ、ドラッグストアで売られている市販薬の表示でもみかけることがあるでしょう。ちなみに漢方薬では70%の漢方薬に生姜が使われているそうで、生姜の効果は広く認められています。

 

生姜の主成分である、シンゲロールから発生するショウガオール、ジンゲロンという成分には次のような効果があります。

 

ショウガオール ・・・ 血行促進、殺菌作用

ジンゲロン ・・・ 血行促進、代謝向上、脂肪分解

 

 

一般的に料理や薬味としての生姜は生で食べますが、発汗作用や殺菌作用という生薬としての効果を期待して使う場合は、生姜の持つシンゲロールという成分が生の生姜より乾燥生姜の方が高いことから、乾燥生姜が使われています。